NTTフレッツ光に合う無線LANルーターの選び方

フレッツ光にピッタリな無線LANルーターは、バッファロー


★ リングマウス

★ PCチェアマット











快適フレッツ光申込先




どこのメーカーの無線LANルーターが良いの?


インターネットを高速で快適にしようとしたのに、フレッツ光に合わない無線LANルーターを選んでしまって、

「 フレツ光なのに、遅い! 」 と、お困りの方、結構多いんです。

無線LANルーターのメーカーって結構多いんですよね。
有名な所では、NEC、バッファロー、logitec,コレガ、Planex 等

そこで、無線LANルーターの選び方を簡単にお教えします。
まずは、最も、楽ちん と 困難 な無線LANルーターをそれぞれご紹介します。


困難! 最も合わない無線LANルーター


ずばり、コレガです。

コレガの無線LANルーターがフレッツ光に最も合いません。
コレガの無線LANルーターをお持ちの方でこれからフレッツひかりを申し込もうとい方は、ちょっとショックかもしれませんね。

理由は明白です。 1丁目1番地を争うからです。

通信も郵便と同じで、番地から番地に届ける仕組みになっています。
例えば、5丁目29番地から3丁目3番地まで という指定をして情報を届けています。 家と同じ様に、パソコンや無線LANルーターにそれぞれ番地があるのです。

NTTのフレッツ光の工事を受けると、NTTのルーターが大概は設置されます。 そのNTTのルーターの番地は、1丁目1番地になっています。

NECやバッファロー 等は、NTTのルーターと通信し易くする為に 各製品の番地は11丁目1番地や210丁目1番地 等を設定しています。
だって、天下のNTTですから、合わせないと仕事にならないですからね。

ところが、コレガは違います。
「 なんでNTTに合わせなければならないんだ? 」
「 親方日の丸が何だと言うんだ! 」
「 NTTの顔色を見る必要はない。 」

それで、コレガの無線LANルーターは、工場出荷時にNTTのルーターと同じ 1丁目1番地が設定されているのです。

その結果、NTTのルーターとコレガの無線LANルーターを調整せずにつなげると通信出来なくなります。 郵便局だって1丁目1番地から1丁目1番地に届けろと言われても、困りますよね。

だから、コレガの無線LANルーターの場合、それを調整するのに設定変更しなければならないのです。 それがちょっと厄介なんです。

結果的には、長い物に巻かれた、NECやバッファローの様な製品の方が私たちにとって使い易いです。 でも、世の中には同様な事柄があるもので、 コレガの気持も分からないではないし、むしろエールを送りたい気持にもなります。

それもあり、私は企業の構内の無線LANには、コレガを選んで使っています。


楽ちん! フレッツ光にピッタリ無線LANルーター


フレッツ光との相性NO.1 は、バッファローです。


バッファローの無線LANルーターを買ってきて何もせず、NTTのルーターにつなぐだけでOKです。 NTTのルーターと良好な関係を自動的に構築してくれます。

ランプが上から、緑、オレンジ、緑 の 3つがそのサインです。(例外あり)
つまり、設定が楽なんです。

その上、バッファローの無線LANルーターは、安いタイプの機種でも高機能です。
無線が届きにくい場合でも、電波を中継する機能がついています。 他のメーカーの無線LANルーターでは上位機種でないとついていないのに!
だから、パソコンを移動したり、テレビに無線LANをつなげたくなったり、インターネットを利用する状況が変わった時に柔軟な対応が取りやすいです。

パソコンや通信の事が良く分からないという方は、 バッファローの無線LANルーターを買って下さい。 お薦めです。


初心者が選ぶ 家の広さ別無線LANルーター


TVのCFでは簡単そうに表現していますが、家中、無線LANを届かせるのは、結構、難しいです。

設定が簡単なバッファロー製品には無線の強さで選べる無線LANルーターの種類があります。
家の大きさに合わせて以下の通り選ぶとおおむね良いでしょう。


 マンション・アパート用 WHR−300

同じフロアであれば、大概は、WHR−300で無線LANがご利用できます。 価格帯は、2450円 〜 3885円 なので、お手頃です。


 一般的な一戸建て 用 WHR−300HP


1階から2階まで無線を届けるハイパワータイプの無線LANルーターです。
一般的な一戸建て住宅ならば、OK

但し、クローゼットや電源BOX等に設置するには、NG
できるだけ障害物のない場所に設置して下さい。
価格帯は、3,700円 〜 7,770円


 昔ながらの和風一戸建て 用 


一戸建て住宅の中でも、昔ながらの和風住宅の場合、家が横に広いです。 敷地面積が広いと電波を届けるのが難しくなります。
至難な状況を想定した仕組みを持つのが、WZR−1750DHPです。 通信経路を3つ持ち、無線が届き難い場合は自動的に調整する機能を持っています。
価格帯は、15,500円 〜 22,050円